手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 各話ネタバレ感想

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 6話 無料ネタバレ感想。エロ前戯♪

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので
会員登録なし無料試し読み!

/画像をタッチしてブッコミ!へGo\

チンジャオ娘と小桜クマネコの最新エロ漫画「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 6話 妻に隠れて若い娘と浮気交尾に耽る日々」のネタバレと感想、おすすめエロシーンの紹介します!

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 6話 ネタバレ エロ前戯♪



学校から帰って来てすぐに父 俊樹のおち●ちんをしゃぶる陽葵。

 

「早くおち●ちんが食べたかったんだもん!」

 

そして父の上にまたがって肉棒を舐めながら、

 

「お父さんも私のを舐めてよ」

 

69(シックスナイン)で二人性器を舐めあう。

 

お父さん、

ちゃんと割れ目を開いて・・・

突起を舐めてほしいの。

 

いつも1人エッチでク●を刺激しているから・・・と

父にク●を舐めてほしいとお願いするのであった。

 

「このちん●んでお父さんはお母さんの中でも射●して、

私の中でも射●したんだよね・・」

 

と69をやってる最中に答えづらいことを聞かれ娘に聞かれ、

さらに無言になる父 俊樹であったw

 

そんなことを話しながらも、むさぶるように互いの性器を舐め合う

 

イチャイチャ、ペチャペチャ・・・

んぽっ んぽっ んぽっ んぽっ んぽっ・・

 

父にとって、赤ちゃんの頃から見てきたこの娘の女性器の中に

まさか自分が舌を入れて舐めるなんて当然思ってもみなかった。

 

娘の陽葵は今や意志のある肉塊となり、

芽生えた性欲で父のチ●コをひたすらしゃぶる。

 

そして二人は更に体を求め合う。

 

就寝中でも母が隣で寝ているすぐ側で、

二人は声を殺しながら体を重ね合うのだった。

 

7話へと続く

\会員登録なしで無料試し読み!/BookLive!コミックはコチラ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 6話 感想




娘の陽葵ちゃんは、もう迷うことなど全くなく、

父を求める。

今は父の体と父そのものすべてを躊躇することなく求めるようになりました。

レイプされた件は、ある程度吹っ切れたんだろうな・・・

 

完璧に記憶から消すことはできないけれど、

心も体もお父さんに依存する今、

お父さんに逆に出頭されたらキツイだろうなと思いました。

 

ある意味、ハッピーな方向に進んでいますね♪

エッチシーンを見ていてもそう感じてしまいます。

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 6話 おすすめエロシーン




7話でのオススメエロシーンは、69です。

 

互いに重なり合い、お互いの性器を舐め合う姿、

ほんと、エロすぎてたまりません♪

 

しかも陽葵は制服姿のまま・・・。

 

「お父さん、早く舐めてよ〜」

と、自分ばっかり気持ちよくて動きが止まってしまっている父に急かす所がありますが、

妙にリアルです〜♪

 

それと、母親が寝ている横で!!

多分、ロフトなのか二段ベッドなのかの上だけれど

そこで声を殺してやるドキドキ感。

 

本当に妻に、母親に気づかれていないのか。

7話の最後まで続くシーンなので、ぜひこのドキドキエロエロシーンを見てみてください♪