手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 各話ネタバレ感想

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 5話 無料ネタバレ感想。親子でエロSEX

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので
会員登録なし無料試し読み!

/画像をタッチしてブッコミ!へGo\

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 5話 身体を重ねるたび娘は女の悦びに目覚めて」のネタバレと感想、おすすめエロシーンの紹介します。

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 5話 ネタバレ♪ 親子でエロSEX



娘は父と向き合ってセックスすることを決めた。

お父さんにいてほしいからというのもあるけれど、

レ●プされた時のこのままの感情じゃ辛いから。

 

今は挿れたい、挿れてほしい

セックスって気持ちいってことをきちんと知りたい、

 

そう思うようになった娘 陽葵だった。

 

四つん這いになり、バックで挿入する。

 

うぅぅぅ!!!

 

セックスすると決めた後の挿入は初めてだし

父のちん●んは大きいから挿れたときにはちょっとびっくりしたけれど

大丈夫そうだと思った。

 

「お父さん、キスして」

 

子供の頃にしたほっぺにキスではなく、父と恋人がするようなキスがしたかった。

バックで挿入しながら二人は口と口の濃厚なキスを交わす。

 

そのまま父は激しく陽葵の中を抜き差しして突きまくり

射精する。

 

「私、やってみたいのがあるの」

 

と陽葵は父に告げる。

 

騎乗位でセックスしたい!

 

陽葵は父の上にのり、M字に大きく股を開いて

肉棒を膣に挿入した。

 

M字に足を広げて挿入するのがとてもエロくて恥ずかしがった。

 

「自分で擦っている感じで気持ちいぃ・・・!」

 

ずちゃずちゃずちゃ・・・

あぁぁぁ!!!おぉぉぉ!!

 

「気持ちよすぎるよ・・・陽葵の・・・」

 

毎日セックスしようね!と父に嬉しそうに言う陽葵は

さらに性欲が強く、強く!芽生えつつあった。

6話へと続く

\会員登録なしで無料試し読み!/BookLive!コミックはコチラ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので  5話 感想


お父さん、好き!

 

キスをしてそう言う陽葵にとって、

もう父は父でないような感じがしました。

 

男性として好きなんだろうなと思います。

 

父にとって陽葵はなんだか、

源氏物語の光源氏が引き取って育てた紫の上のような感じがします。

紫の上を大事に育て、寵愛するように・・・

とはいえ、本当の娘だと思って育てた娘と紫の上は違いますが。。

 

娘だけれど一人の女性として愛していきますが

親子という立場上もっとはっきりすればいいなぁと今後に期待しちゃいます。

 

いつものチンジャオ娘エロストーリーなので、ハッピーエンドに終わりますように!

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 5話 おすすめエロシーン


この5話は非常に見どころのあるエロシーンばかりです!

 

初めて父と向き合ってやる緊張感あふれるセックスシーン。

バックではじまり・・・

 

そして陽葵自信がやってみたい!と言ってやった

騎乗位

 

小桜クマネコのリアル感たっぷりの太ももをバーンと開いてやる

エロエロ騎乗位のセックス、

 

非常にエロいシーンなのでオススメですよ♪