手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 各話ネタバレ感想

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 3話 無料ネタバレ感想。エロメス豚

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので
会員登録なし無料試し読み!

/画像をタッチしてブッコミ!へGo\

小桜クマネコのエロ大好き、今回は第3話です!

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 3話 何より大切だった物を自らの手で汚し尽くして」のネタバレと感想、おすすめエロシーンの紹介です。

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 3話 ネタバレ エロメス豚



父は完全に理性を失い、本能のままメス豚を犯しまくる。

赤の他人と判明した眼の前にいる女、陽葵を。

 

「お前はセックスするために生まれてきたんだ!家畜も同然・・・っ」

 

メス豚の穴は、俺がセックスするため、

肉棒を挿れて擦るためだけに育てたもだと

 

陽葵を己に言い聞かせるために言いながら、

強引に陽葵の中に肉棒を突きまくった。

 

「いやっ・・・やめてよ・・・お父さん・・・」

 

父は陽葵のキツイ処女だった穴を指で探った。

処女とは思えないほど濡れていた。

 

「お前の母さんも性欲がすごくてな・・・一時期は毎晩のようにセックスしていたよ」

と父 中村はバックで挿入しながら語りだす・・・

 

ある日、突然妊娠したから結婚しようと言ってきた陽葵の母さんは。

お腹の子はてっきり俺の子だと疑いもなく思っていた。

 

自分の子だと思っていたから金も時間もかけて育ててきた。

いい学校にも行かせたいし、いい仕事にも就いてもらいたいし、

幸せにもなってほしかった、と。

 

「それなのに、お前はお前はっ・・・!所詮単なる、他人なんだ!!」

 

父は今までの思いを吐くかのように、精●を陽葵の膣内にぶちまけた!!

 

まだ終わりでなかった。

 

行くべきところに行く前に、ヤり尽くしてやるというのだ。

 

父は陽葵の足を大きく持ち上げ、肉棒を挿入

 

さすがバドミントンに励んできただけあって、締りの良いムチムチし太もも。

 

ずちゃずちゃずちゃ・・・

 

「昔はおむつ交換するために股を広げたけれど、

今のお前はセックスするためだけに股をひらくんだからな」

 

そう言いながら、娘のクリを弄りながら肉棒を激しく出し入れする

ぐっと耐えている娘・・・

 

おぉぉぉぉ・・・!!

最後の射精が終わると、冷静になった父。

泣きじゃくる娘・・・

 

父はもうこれ以上、娘とは話す資格がないと思い、

 

そのまま警察に出頭するために置き手紙を残し、家を出ていった。

 

「お父さん、待って・・・!!」

 

陽葵はバスタオルを巻いた格好で父の後を追いかけてきた。

 

「お父さん行かないで・・・!」

4話へと続く

\会員登録なしで無料試し読み!/BookLive!コミックはコチラ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 3話 感想



父親の理性がぶっ飛び、たかが外れて今までの鬱憤を晴らすかのような

レ●プシーンはかなりハードでした。

 

陽葵はエロい、体エロすぎるのですが、

 

やはりメス豚!と父に言われてレ●プされるのはキツイですよね・・・。

 

しかも昔の思い出ばなしやら、母親のことを持ち出しては

 

娘にそれを言いながら陵辱する・・・

 

娘にとったら屈辱以外何者でもないかもしれません。

 

がしかし!

 

最後のシーンでは父親を追いかけていくんです。

お父さんにいてほしいから、今日のことは忘れるからって・・・。

泣けるではありませんか。。。

 

あんなことも、こんなこともしたのに。

気持ちの切り替えはできないのだろうけれど、

それで中村と今まで過ごした日々の思いから、中村という人を信頼しているんだろうな

だから一緒にいたいって言ったのでしょう。

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 3話 おすすめエロシーン



陽葵が感じているんだろうけれど、感じちゃいけない!みたいに3話では

ずっとこらえている場面がほとんどです。

 

しかも最後に至っては、腕で目を押さえながら泣きじゃくっているシーン

エロいというか・・・ぐっときてしまいます!

 

そして足を開かされ、側位で父親に挿入されちゃっている所・・・

ちょっとエロすぎてたまらなくなってしまいました。